カテゴリー
日記

輪廻

※この記事は『旅する氷結 HAVANA STYLE』を飲んで書かれた。

小学生のころはモノを捨てるのが悲しかった。長く使ったモノには人格を感じて、それを捨てることは身勝手で残酷なことのように感じた。環境問題がクローズアップされていた時代の影響もあっただろう。

今は違う。不要なものは手元からリリースすることが大事だと思う。たとえ捨てられ壊されてモノとしての役割を終えたとしても、それを構成する物質、極端に言えば分子や原子は回り回ってどこかでまた何かの役割につく。意味もなく手元にとどめてはいけない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です