スプラップアンドビルド

※この記事は『極搾り ピーチ』を飲んで書かれた。

マストドンにelasticsearchをつけようと思ったらなんか壊れてしまったので作り直した。

なんか壊れてしまったというのは、マウント関連だ。リバースプロキシであるnginx-proxyは設定ファイルを外部から読み込むために、ホストの設定ファイル(./my_custom_proxy_settings.conf)をマウントしている。この状態で更にvolumes_fromでmastodon-nginxからnginx-proxyをマウントするとなんだかよくわからないがマウント関連っぽいエラーが出る。read onlyとかなんとか書いてあった。

この2重マウントは僕もわけがわからずやっているが、そんなことだからエラーが出るのは当然だ。面倒なので一回全部消してマストドンを立て直した。前回のデプロイから1週間ちょっとしか経っていないが、github上のデプロイガイドが書き換わっていて驚いた。mastodonの進化はまことに速い。

新しいdocker-compose.ymlはこうだ。今回は自分で改造することも視野に入れ、自前でビルドすることにした。なおmastodonのバージョンはv2.5.0rc1だ。

version: '3'
services:

  mstdn-nginx:
    image: nginx:1.11.10-alpine
    expose:
      - "9090"
    restart: always
    tty: false
    env_file: .env.production
    links:
      - web
      - streaming
    volumes:
      - ./setting/nginx/conf.d:/etc/nginx/conf.d:ro
      - ./setting/nginx/conf:/etc/nginx/conf/:ro
      - /var/www/certs:/etc/nginx/certs:ro
    networks:
      - common_link
      - back-mastodon
  db:
    restart: always
    image: postgres:9.6-alpine
    networks:
      - back-mastodon
### Uncomment to enable DB persistance
    volumes:
      - ./postgres:/var/lib/postgresql/data

  redis:
    restart: always
    image: redis:4.0-alpine
    networks:
      - back-mastodon
### Uncomment to enable REDIS persistance
    volumes:
      - ./redis:/data

  es:
    restart: always
    image: docker.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch-oss:6.1.3
    environment:
      - "ES_JAVA_OPTS=-Xms512m -Xmx512m"
    networks:
      - back-mastodon
### Uncomment to enable ES persistance
    volumes:
      - ./elasticsearch:/usr/share/elasticsearch/data

  web:
    build: .
    image: tootsuite/mastodon
    restart: always
    env_file: .env.production
    command: bash -c "rm -f /mastodon/tmp/pids/server.pid; bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'"
    networks:
      - back-mastodon
    ports:
      - "127.0.0.1:3000:3000"
    depends_on:
      - db
      - redis
#      - es
    volumes:
      - ./public/assets:/mastodon/public/assets
      - ./public/packs:/mastodon/public/packs
      - ./public/system:/mastodon/public/system

  streaming:
    build: .
    image: tootsuite/mastodon
    restart: always
    env_file: .env.production
    command: yarn start
    networks:
      - back-mastodon
    ports:
      - "127.0.0.1:4000:4000"
    depends_on:
      - db
      - redis

  sidekiq:
    build: .
    image: tootsuite/mastodon
    restart: always
    env_file: .env.production
    command: bundle exec sidekiq -q default -q mailers -q pull -q push
    depends_on:
      - db
      - redis
    networks:
      - back-mastodon
    volumes:
      - ./public/packs:/mastodon/public/packs
      - ./public/system:/mastodon/public/system
## Uncomment to enable federation with tor instances along with adding the following ENV variables
## http_proxy=http://privoxy:8118
## ALLOW_ACCESS_TO_HIDDEN_SERVICE=true
#  tor:
#    build: https://github.com/usbsnowcrash/docker-tor.git
#    networks:
#      - common_link
#      - back-mastodon
#
#  privoxy:
#    build: https://github.com/usbsnowcrash/docker-privoxy.git
#    command: /opt/sbin/privoxy --no-daemon --user privoxy.privoxy /opt/config
#    volumes:
#      - ./priv-config:/opt/config
#    networks:
#      - common_link
#      - back-mastodon

networks:
  common_link:
    external: true
  back-mastodon:
    external: true

注目してほしいのはmstdn-nginxのvolumesでホストマシンの/var/www/certsをマウントしていることだ。nginx-proxyでもホストマシンの同じディレクトリをマウントしている。2重マウントを解消し同じディレクトリをマウントするようにした。

elasticsearchはデフォルトで日本語対応してません。日本語対応プラグインを入れるのはちょっとしんどそうなのでまた今度やります。

ぶっ壊してまたイチから作ってというのを繰り返せるのは楽しい。無限にやりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。