Ubuntu18.04はlibinput

※この記事は『本搾り オレンジ』を飲みながら書かれた。

昨日の記事の続きだ。新しいデバイス名を指定することで変換行列を指定することには成功した。しかし奇妙な現象が発生した。Kritaで絵を描くとき、細い線が引けないのだ。よく調べてみると、筆圧が5%を超えるまでクリック判定が発生していなかった。これをつぶさに調べる過程でデバイス名が変わっていた理由も判明した。

なぜUbuntu18.04にアップグレードするとデバイス名が変化していたのか。なぜ筆圧とクリックの挙動が変わってしまったのか。それはlibinputのせいだ。libinputはデバイス入力ドライバで、xinputの奥で動いているものらしい。16.04では液晶タブレットはevdevドライバで動いていた。18.04ではlibinputドライバが導入され、液晶タブレットの管理もlibinputに引き継がれたようだ。

考えるのが面倒だったのでlibinputを消したら解決した。

sudo apt purge xserver-xorg-input-libinput

libinputを消したらマウスの加速プロファイルが変わってしまって違和感があった。GNOME Tweaksから設定をFlatに戻したら直った。

今日のUI心理学

やろうと思ったんですが、ゲシュタルトの法則を一つずつ紹介していくだけだとクソつまんないのでもうちょっと面白いところまで読み進むのを待っててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。