Wrap it in a long one

※この記事は『極搾り りんご』を飲み腹痛に耐えながら書かれた。

ブラウザはVivaldiを使っていたのだが、ここ数日Twitterとニコニコの動画が再生できなくなったうえにマウスの進む・戻るボタンの挙動がひどく不安定になったので諦めてChromeを使うことにした。どうせChromiumベースなので性能に大差はない。

中学時代はOperaを使っていた。まだタブ機能が一般的でない頃にOperaはいち早くタブ機能を採用していた。他にもマウスジェスチャに代表される高いカスタマイズ性や独自エンジンによる高速ブラウジングによって確固たる地位を獲得していた。

OperaがChromiumを採用してもまだ使い続けていたが、中国資本が入って個人情報が漏れると話題になった頃に挙動も随分怪しくなったので使うのをやめてEdgeに移った。

Edgeは機能が貧弱で文字のレンダリングもひどかったが、速かった。しかし動作が不安定だったのでOperaの後継を謳うVivaldiに移行した。

Vivaldiはそれなりのスピードで更新されていて機能も充実していたが、大抵のサービスではサポート対象外で動かないこともあった。だましだましやっていたが、動画サービスが見られないのは困るので今回Chromeを使うことにした。いつの間にかChromeがシェア1位になっててビビる。メモリ消費量が多いのが弱点だと思っていたが、そんなものはスペックを上げて物理で殴ればいい。

PCオタクなので人とは違う変なブラウザを使いたかったんだけど、本来の機能を果たせないのでは仕方ないので長いものに巻かれることにした。なおタイトルは「長いものには巻かれろ」のグーグル翻訳。タブ関連の細かい機能やパネル機能はVivaldiには及ばないが、体の方を慣らしていけばいいだろう。万事に言えることだが「今流行っているもの」を使うメリットはそれなりに大きい。

これまでのVivaldiの使用感を維持するためにいくつかの拡張機能を入れた。

  • AdBlock
    • ニコニコはホワイトリストに入れてる
  • BetterTweetDeck+自作のDeck拡張
  • Speed Dial 2
    • 新しいタブに特定のページヘのリンクを表示するOpera発祥の機能

  • Undo Closed Tab Button
    • 閉じたタブのリストを表示する

  • Personal Blocklist
    • これは新しく入れた。検索結果から特定のサイトを消す。転載迷惑ブログやPV数のためにクソみたいな情報を薄めて薄めて載せてるサイトをガンガン消してやるつもりだ。

なんかおすすめの拡張機能あったら教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。