ドラマティック・ストリート

毎週土曜は洗濯。しかし今週はなかなかドラマだった。

まず、暑い。風も強かったのでそれほど辛くはなかったが、やはり日光が当たる場所を避けたくなるような陽気だ。しかし通りを歩いているとふいに冷気を感じる場所があった。周囲を見渡しても、店舗の冷房の聞いた空気が流れ出してるふうでもない。よく見ると足元に金網があった。非常に細かい金網で覗き込んでも暗くて何も見えないが、僕はその奥に何があるかを知っている。そう、地下鉄だ。

通りに沿って地下鉄が走っており、その金網はおそらく通気口なのだろう。金網の上にいると冷たい空気が立ち上ってきてとても気持ちいい。30秒くらいずっとそこにいた。それにしても、自分の足元が地下の巨大空間につながっているというのはなかなかロマンがある。

もうひとつのドラマは悲しいドラマだ。コインランドリーは洗濯機も乾燥機も100円玉しか受け付けないのだが、乾燥のときに500円玉しかなかったので洗剤の自動販売機で両替をした。しかし僕は何を思ったか、その100円玉を洗濯機に入れてしまったのだ。もう洗濯は終わったのに。入れた瞬間に気づいて返却ボタンを探したが、ない。仕方がないのでその100円は諦めた。次に使う誰かが100円安く使える、俺はそういうことに幸せを感じるんだ。

ツイッターの誤字もそうだが、やってしまってから急激にエラー探知性能が向上するのは不思議なことだ。

「ドラマティック・ストリート」への2件のフィードバック

  1. みんながサプライズでちょっぴりハッピーになる姿を想像して、街じゅうの自動販売機のおつりのところに10円仕込みたいなと妄想をしたことがあります。わくわくする。

    1. 小さな幸福をばらまくのは簡単なんですよね。ただ幸福を受け取った人間の顔が見えないのは少し寂しい。特定の誰かにではなく世界に向けて雑に幸福をばらまくことがもっと広まって、自分も頻繁に流れ幸福の恩恵を受けられるようになればそれが当たり前になるのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。