衛星放送月額2230円

NHKの集金のニーチャンが来た。「このマンションにはBSの共同アンテナがあるので衛星放送の料金を払え」とのことだ。月1000円くらい値上げした。前の家はBSは映らなかったし今の家でも映ると思っていなかったので全く見ていない。見ないから払いたくないのだが、NHKのニーチャンの「アンテナあるやん」という理屈もわかる。BSアンテナを設置しているのは「BSを見たい」という意思表示として判断するのが合理的だ。こればかりはアンテナがある家に住んでいる僕が悪い。

とにかく僕はNHKに受信料を払っている。政府からもスポンサーからも独立したメディアが1つくらいあったほうが良いと思っているからだ。それにNHKはアニメも作る。『電脳コイル』『獣の奏者エリン』『エレメントハンター』『ピカイア』『3月のライオン』などなど。NHKがやっている文化事業も意義は大きい。

しかし、月額2230円は高い。払わないのも魅力的だ。それはテレビを捨てるという意味だ。僕はほぼアニメしか見ないし、アニメはほとんど配信サービスで見られる(僕はdアニメストア・Netflix・amazonプライムビデオを利用している)。一方でアニメのリアルタイム視聴や実況はできなくなる。

ここで思い出したのは「NHKだけが映らないアンテナ」の話だ1。NHKだけが映らず、それゆえ受信料を払う義務のないアンテナがあったら僕は買うだろうか。たぶん買う。でもそれは前述の「NHKの独立性」や「NHKの文化事業」の価値を無視した行為だ。つまるところ、僕は本音ではNHKの価値を認めてないし金を払いたくないが、受信料のニーチャンと戦うのが面倒だったり周囲に偉そうな顔をしたかったりという理由で受信料を払っていて、それっぽい理屈を後付けしているに過ぎない。そうでなければNHKが映らなくたってNHKに金を払うはずじゃないか。

周囲に偉そうな顔をしたい人が文化を作ってきたのは間違いないんだけどね。大仏とか。

話が非常に複雑になってきた。いいたいことはいろいろ浮かんでくるがまとまらない。全部丁寧に書いている時間はないのでざっくりと。

  • NHKには「独立したメディア」「文化のパトロン」という社会全体に対する価値と、「面白いアニメを作って放送する」という僕に対する価値がある
  • 「面白いアニメを作って放送する」価値は配信が発達した現在、低下しつつある
    • ただし放送することと作ること(制作に金を出すこと)の価値は別
  • NHKがテレビの技術を握っていたり法で特権を認められたりしているため、テレビというデバイスとNHKを切り離して論ずることができない
  • アニメのネット配信がどんどん発達してテレビを倒してほしい。テレビの放送網は強いが地方は数日遅れとかザラにある。ネット配信の勝機はそこにある。
  1. ググったら作ったの掛谷英紀で笑ってる。彼は極めて独創的な世界観を持つ筑波大の准教授だ。なおこの記事にあるようにNHKはテレビの技術をかなり押さえているのでこのアンテナの実現は難しいだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。