採点競技

採点競技

僕自身の人生にあまり変化がないので積極的に時事ネタを拾っていく。

体操金・橋本大輝に中傷書き込み、「原爆投下」の写真も... 水鳥監督「とても悲しい」

僕はフィギュアスケートと体操のルールをそれなりに勉強して観戦を楽しんでいる。どちらも人間が判定しているので主観的な面はどうしてもあるが、十分よくできた採点システムだと思う。強いて言えば体操の方が健全か。

体操

体操の点数はDスコアとEスコアの合計。Dスコアはやった技の難度点に組み合わせ加点を足したもの。Eスコアは10点から実施上の欠点を減点したもの。跳馬のEスコアが高くなりがちなのは、1回跳ぶだけなので減点する箇所が少ないから。Eスコアの減点について非常にわかりやすい動画があるので紹介する。

倒立バー製作所氏は体操の経験者で、これ以外にも体操の詳細な採点を紹介する動画を公開している。

ルールブックはこれ。熱心な体操ファンはこれを全部読んでいる(僕は読んでない)。

フィギュアスケート

フィギュアスケートの採点はかつては6点制だったが、現在ではTES(技術点)とPCS(演技構成点)でそれぞれ評価するようになった。TESは実施した技の基礎点に出来栄え点を加えたもの、PCSは5つの要素について10点満点で評価したもの。出来栄え点とTESには一応基準はあるが、主観が入りうることは否定できない。また技の基礎点についても、技が成功したかどうか(たとえばジャンプの回転が足りているかどうか)の判定は人力だ。

浅田真央とキム・ヨナのライバル関係があったころ、キム・ヨナを中傷するような言葉や画像、動画が大量に出回った。浅田真央には確かに3Aがあったが完成度と安定性には難があったし、ルッツのエッジエラーのような難しい欠点はあまり認知されなかった。テレビの実況はジャンプして転ばなければ「成功!」と叫んで盛り上げるが、それは間違いだ。

僕の思うこと

  • 点数を決めているのは選手ではないので、点数について選手を中傷するな
  • 採点競技は主観を含みうるが、その影響を小さくする努力の蓄積として膨大な採点規則がある。素人がそれを尊重しないで採点を批判するな
    • 選手は採点規則と審判の採点傾向を研究し尽くして試合に臨んでいる
  • 解説者は仕事をしろ

今日のランチの話

新しい店を開拓しようとちょっとおしゃれなイタリアンに入ってみたら、挨拶もなしに数秒ガン見されたあとで「お一人さまですか?」って聞かれてブチギレそうになった。美味かった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です