働きすぎてる/雑に生きるということ

働きすぎてる

自分で配分を調整できる労働契約なのでついやってしまう。

雑に生きるということ

僕は未来を心配しすぎる。未来には必ず老いがあり死がある。だから考えすぎると不安になる。

なんとなく「死に方」で検索してみた。一番上に出てきたのは予想通り厚生労働省の電話相談窓口の紹介だった。しかし少し下を見るとこんなしょうもないページを見つけた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/珍しい死の一覧

こんなの笑うでしょ。数え切れない程の人が生まれては死ぬこの世界で、死の瞬間をもって歴史に名を刻んだ人間がこれだけいる。元気が出た。

何を考えて何を成そうと人は死ぬし、その死がいつ訪れるかもわからない。未来のことではなく現在を意識して生きたい。クワイ=ガン・ジンもそう言っている。

食事

朝はパン。昼はスパゲッティ。夜はスパゲッティ。

麺が尽きたのだがちょうどよく緊急事態宣言の発令が予告されてしまい、スーパーに行っても品物がなさそうだ。

今朝の夢は高校時代の忘れ物の話だった。小中高と「忘れ物」という失敗は切り離せない。考えてみれば毎日時間割に合わせて違う荷物を準備するのは大変な負担だ。しかも忘れ物をすると恥をかくという精神的な負担もある。

大学や会社では日によって違うものを持参するというシチュエーションは減ったし、そもそも必要なものは研究室やデスクに置いておける。

Dota2

今日は勝った。一番手に馴染んでいるDazzleで勝てたのは嬉しい。しかしハンドスキルの危うさを度々感じた。死にかけた味方を5秒生存させるShallow Graveは正しいタイミングで使わないと効果が薄いし、かと言ってタイミングを待つ間は敵の攻撃から逃げ回らなければならない。敵と味方の全員の位置関係と体力に目を配りながら適切なポジショニングをするのは難しい(失敗すると味方にめちゃくちゃ怒られるのも厳しい)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です