カテゴリー
日記

花粉の到来を感じた

1/31(金)

出社後、妙に鼻水が出た。すわや花粉かと思って調べてみると、花粉予報では飛散前となっているが、花粉を感じた人間は一定数いたようだ。憂鬱。だがよく考えてみると僕の通勤ルートで屋外を歩くのは自宅から最寄り駅の徒歩7分程度の距離だけなので、この間をガチガチにガードすればあまり苦しまずに済むのではないか。

というわけでマスクの品薄が早く解消してくれることを願う。自宅の備蓄は2週間分程度だ。

花粉症は僕が努力しても根本原因を取り除くことができない。というか産業構造と治水の事情から、誰にもどうにもできないらしい。ということはもう社会全体で花粉症による生産性の低下を受け入れるしかない。僕が義賊を名乗って杉林に放火しようかなどと考えたが、さすがに人生を棒に振る気にはならなかった。

通勤電車の混雑にも似たような諦めを感じる。個人にも政治にもどうにもできない問題。おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です