カテゴリー
技術 日記

TypeScriptのobjectには宣言してないプロパティも突っ込める

1/8(水)

const createFakeFuga = (num: number) => ({ a: num, c: "hoge" });
const func = (array: number[]): { a: number }[] => array.map(createFakeFuga);

Playground Link

{ a: number } 型に { a: 1, c: "hoge" } を入れても怒られない。ただしリテラルで代入したときだけは怒られる。詳しくは仕様を読もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です