退職者と継承

記憶が正しければkwappaさんは僕が最初に会ったドワンゴのエンジニアだ。インターンの面接だったので2017年6月頃だったか。ベテランで年上で上司であることを忘れてしまうような話しやすい雰囲気の方で、それはそうである必要性を認識して努力されていたのだと思う。僕にとってのドワンゴのエンジニアの気質の体現者だ。

おそらく僕は認知されていないが、僕はkinoppydさんを認知している。なぜならSlackで存在感を放ちイベントを主催していたからだ。詳しくは言えないが社員同士がお互いの仕事を理解し仲良くなれる(?)ようなイベントを開いてくださった。それは入社して5ヶ月になる僕が持ち始めた問題意識と重なる。

kwappaさんやkinoppydさんが退職し技術コミュニケーション室がなくなっても、当たり前のように彼らの作った良い文化が継承され育っていくことが望ましいし、僕もその一助になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です