惜しい土曜日

土曜日はスポーツクラブのプールに行く日だ。25mプールで5往復を4セット、合計1km泳ぐことにしている。ウォーミングアップとクールダウンも合わせてだいたい1時間くらい。スピードは遅いと思う。でも有酸素運動なので大事なのは時間。

最近知ったのだが、クロールにもいろいろな流派があり、のんびり長く泳ぐのであれば手の1かきに対して足も1回打つだけの2ビートという泳ぎ方があるらしい。有酸素運動を目標にするなら負荷は上げすぎてはいけないので、僕も最近はこの方法で泳いでいる。クロールの推進力の大部分は手のかく力なので、上腕三頭筋?が一番疲れる。というか1セット目は元気よくかいて泳げるけどそれ以降は上腕三頭筋に疲れが溜まってしまって流しの泳ぎになっている。有酸素運動をするためにも筋肉は必要ということだ。

泳いだあとはロビーで新聞を読んで、血圧を測る。スポーツクラブに通い始めてから週3回血圧を測っているが、季節による変動が想像以上に大きい。3月までは119/73くらいだったが、4月に入って一気に107/65くらいまで落ち、しかも安定している。面白いものだ。

今日は受付に確認事項があった。聞いてみると先週持ち帰ってもらった質問がまだ確認できていないそうで、アルバイトのスタッフに平謝りされた。あとで電話で回答をもらった。

昼食はなんとなくすき家にした。牛丼の「中盛」とサラダ。この中盛が曲者で、すき家の中盛りはご飯少なめ・肉多めということらしい。しかしそれはタッチパネル式のメニューには載ってなくて、運ばれてきたときに丼の形がおかしくて(ご飯が入る底の部分だけ急に直径が小さくなっている)困惑した。

ヴァイオリンが修理中で暇なので帰宅してからは無料公開中の『K2』を読んでいた。医療モノは『ER』の頃から好きだし、強引な展開もあるけど登場人物がみんな気持ちの良い人間で読んでいて楽しい。

ヴァイオリンを整備に出した/友人と久々に会った

ヴァイオリンを整備に出した

昨日起きたG線の鳴りの件で、数駅離れたところにある大きな楽器屋(なんと弦楽器リペアマンが常駐している)に来た。楽器を見てもらうと、G線の鳴りの問題はE線のチューブ(説明するのが難しいが、一番細いE線には駒への食い込みを防ぐために1cmくらい幅のチューブが通されており、必要ならばこれを駒に噛ませる。が、大抵の駒は駒の方に食い込み防止の皮が張ってあるので、あまり使われない)が遊んでいたからだった。これを除去するなり、弦の端の太い部分に押し込んで動かなくするなりしておく必要がある。

割とよくあるトラップなので、これを見抜けなかったのはすこし悔しい。

詳しい説明はこちら

マイスターのQ&A

それはそうとして、リペアマンに楽器全体を点検してもらうと他にも数箇所調整の必要がある箇所が見つかった。この際なので、全部やってもらうことにした。加えて、消耗品の交換もする。10日ほどかかるらしい。

待ち時間に楽器店を見て回ったりサイレントヴァイオリンを試奏したりした。やはり本来ヴァイオリンにある木の箱を鳴らすという感覚がなかったのは仕方ないが、逆に言えばそれだけで、想像以上に本物のヴァイオリンに近い音がした。ある音を弾いたときに他の弦が共鳴して鳴る現象もきちんと拾えていた。

奥には防音室のモデルルームがあった。大学の研究で使っていたような狭くて圧迫感があるものだけではなく、グランドピアノが入るほど巨大、かつガラス張りで開放感もあるようなすごい製品もあるようだ(もちろんお値段もすごい)。僕としては音楽を演奏することは日常生活の一部だから、騒音を気にする風潮は緩和されてほしいのだが、それはそれとしてここまでして音楽をやるという執念もまたすごいと思った。一方で安いモデルでは薄い樹脂の板を自分ではめ込んで作る簡易的・軽量な製品もあるらしい。ただこれはやはり防音性能が弱い。ヴァイオリンの生演奏にはほぼ無力だろう。ヴァイオリン演奏という観点では、弓が大きく動くので一人でも広め・高めの部屋が必要になる。そういうところに配慮した製品もあるようだ。

友人と久々に会った

今日は東大の五月祭で、友人がそれに合わせて遠方から遊びに来たので、酒を飲んだ。大学を出てもう満4年になるが、友情はいつどれだけ温め直しても良い。無料のお冷を頼んでも無視されたけどウーロン茶はすぐ来たので、飲食店ではちゃんとお金を出して飲もうね。

ヴァイオリンで1の指を2の指の半音下の位置に置けない

ヴァイオリンは12歳で始めて20歳までは頻繁に弾いていて、それ以降は練習場所がなくなってやめていた。最近やっぱりやりたいなという気持ちが強くなって、色々工夫しながら弾いている。騒音は繊細の問題なのであまり書かないようにするが、様々な場所で、様々な対策を取りながら練習している。しかし基本的にヴァイオリンはある程度響く屋内で弾くように作られているので、練習もそういう環境でできるのがベストだ。

ヴァイオリンは弾きたいが、それは日々練習して少しずつ身体的に上達していく趣味がほしいということであって、特に弾きたい曲はない。だからボウイング、スケール、練習曲をやっている。特に練習曲は『セブシック』をやることにした。これは左手をとことんいじめる~マゾ向け~ストイックで有名な教本だ。

僕のフォームには1つ問題があり、2の指のローポジション(A線におけるCナチュラル)から1の指(A線におけるH)に移行するとき、2の指に隣接した場所に1の指を置くことが困難で、一瞬手首をひねって手のひらをネックと平行に近づけないと1の指を正しい場所に置けない。昔からこの問題は認識していて解決しようとしていたが、うまくいかなかったしそれほど高度な曲は弾いてなかったので実害も少なかった。しかし特定の指の動かし方をするときに手首を連動させる必要があるというのは素早いフィンガリングを阻害するので、高度な曲を弾く際には問題になる。

調べてみると同種の問題に直面している人は少しはいるらしい。

(もしかしてお前の指太い?みたいなコメントがあって笑っちゃった)

本当は先生について見てもらうべきなんだけど、そこまで真剣にやれるかなあというのはまだ微妙なので自分で分析した感じだと、上りと下りで同じ手の形を徹底できていない、そもそも上りでもかなり無理な力で制御しているので柔軟性が足りていない、ということのようだった。そこで『セブシック』で徹底的な反復練習をして鍛えようということだ。

それはそうと、今日よく聞いてみたらG線でフォルテで鳴らしたときに楽器のどこかが変に振動して異音が鳴っていることに気づいた。自分でわかる範囲に原因はなかったので、そうなるとどこかのニカワが剥がれているという可能性がある。ヴァイオリンのニカワはつけ外しできるものなので致命的ではないが、修理に出すとやはりお金はかかる。

ヴァイオリンは結構維持費がかかる。前述のように分解・再組み立てができるものなのでちゃんと作られた楽器をちゃんとメンテナンスしていれば長く使えるのだが、消耗するパーツもある。たとえば弓の毛(ウマのしっぽの毛)は半年程度、弦は3ヶ月~半年程度で交換する。

ブログであまりヴァイオリンのことを書いていなかった。ブログを初めたのがヴァイオリンをやめたあとだったからだ。しかしヴァイオリンを再開してからの生活の潤いを考えると、やはり僕の人生には音楽が必要だったのだなあと思った。

Raspberry Pi Zero WHでNASしたい、失敗録1

配線

私はRaspberry Pi Zero WHを所有していて、これまで自宅の室温を記録してサーバーに送信していた。突然NASを組みたくなり、これを利用できないかと考えた。

ざっくりラズパイにストレージが接続さえできればあとはどうにでもなりそうだったので、アダプター類を購入して準備した。具体的には、Zero WHはUSB micro-B凹端子しかないので、ここから

  • USB micro-B凸 to USB A凹 変換
  • USB A凸 to USB A凹 ハブ(給電機能つき)
  • USB A凸 to SATA

の3段階を経てタンスに打ち捨てられていたHDDに接続。つないでlsblkするだけで認識できた。

HDDの準備

母艦側PCでHDDの中身を適当にサルベージしたあと、フォーマットしてLUKS暗号化しつつBtrfsでパーティションを作成。このあたりは全部UbuntuのdiskユーティリティでGUI操作可能だった。ただしGUI上でBtrfsを選択するためにはaptでbtrfs-progsを入れておく必要がある。

Raspberry Piのソフトウェアレイヤーの準備

よくあるチュートリアルのようにOpenMediaVaultを入れようとしたのだが、そのためにはRaspberry PiのOSがGUIをサポートしないバージョンでなければならない。そのために面倒な思いをしてOSを入れ直した。しかし改めてOMVを入れようとしたが、一般的なインストールスクリプトはRaspberry Pi Zeroには対応してないらしい。

RPi revision code :: 9000c1
This RPi1 is not supported (not true armhf).  Exiting...

仕方なくsambaに方針転換してインストールしてみた。

HDDをマウントする

LUKSで暗号化されたストレージは先に

sudo cryptsetup luksOpen /dev/sda storage

する必要があるのだが、なんとこれを実行するメモリが足りなかった(そんなことある!?)

Not enough available memory to open a keyslot.

ので、HDDを再フォーマットしてチャレンジします…

2023GW振り返り

今年はカレンダー通りなので5/4スタートです。連休を作りすぎるとやることがない人生に絶望して悲しくなるので…

5/3(水)

河原でヴァイオリン練習。カノンを録音してセルフ多重して一人で楽しんでた。河原は音を気にしなくていいけど車が通るのと風が強いのが難点。

その後カレーの材料を買って作った。

5/4(木)

スポーツクラブで体力テストのイベントがあったので参加。

鍛えている足や腹筋は悪くないスコアが出たが、握力は全く鍛えてないし、柔軟はいつも痛いし、有酸素は時間取れてないので宜なるかな。体力年齢60-64歳でガックリ。あと30年くらい維持すれば年齢相応になる。

もうちょっと良いマイクがほしいなとなんとなく思って秋葉原に行ってSONYのやつを買ってみたけど、discordで友達に聴き比べてもらったら大差なかったので意味のない買い物だった。悲しいね。

5/5(金)

ネット上の「ダーツの旅」アプリで渋谷区猿楽町を引いたので、友人と歩いた。謎の寺、超高そうなマンション(後で調べたら月200万〜)、何を売ってるのかよくわからない商品密度が異様に低い店、美容室、大使館、古墳などがあった。

ランチはメキシコ料理屋。マンションの上層階にあり、高級住宅街の中にあるとは思えない大音量大陽気大メキシコミュージックで入店直後にもうウキウキ。『ER』でグリーン先生が死ぬ前日に飲んでいたカクテル「マイタイ」を飲むことができた。

その後のんびりと麻布に向かって散歩。白根記念渋谷区郷土博物館・文学館がこどもの日で無料だった(そもそも普段も100円だし、私はこどもではない)。結構充実してる。

麻布周辺の超高級住宅街を見て、全く違う階層の生活だなあと関心してしまった。労働者では一生あそこには行けないね…。

恵比寿駅に戻って電車で帰宅。足がクタクタ。

5/6(土)

足が筋肉痛だったので休養日…と言いつつ、家系ラーメンを食べたり散髪したりヴァイオリンを練習したりした。渡辺明の坊主頭がカッコいいと思っていて、あれを真似しようかと思ったけど度胸がなくてやめた。あと家系ラーメン食べると尿が白濁してて怖い。翌日には治ります。

5/7(日)

NAS組みたくなって、ラズパイはすでにあったので秋葉原でHDD接続用のUSBハブを買った。その後大学のサークルの先輩たちと酒を飲んだ。