黒歴史

ちょっときっかけがあって、大学入学以降の自分のネット上での発言を振り返っていた。とにかく喧嘩が多い。ここ1年くらいでようやく居心地の良い立ち位置を見つけて他人と喧嘩することがなくなった。単純に若かったというのもあるだろう 黒歴史

妄想をデカい声で語る連中

※この記事は『のどごし生』を飲んで書かれた。 社会学とか現代思想、評論家みたいな肩書の人間は警戒している。自分が見聞きした現象はものすごい大きな現象の表層であるというような妄想を逞しくしている、単なるフィクション作家だ。 妄想をデカい声で語る連中

卒六の会

※この記事は『木枯の森』を飲んで書かれた。 ↑香りが強く、口に含んでもなお強く鋭い香りが押し寄せる。 卒六の会 僕の出身高校には卒六の会という文化がある。「卒業六年目の同窓会」だ。浪人生も修士もだいたい社会に出るタイミン 卒六の会

紅白歌合戦2018

楽しかった。米津玄師意外と歌うまかった。ミヤジの声も動きもヤバすぎ。 「ネットに踊らされてるんじゃないよ」とか言ってたの面白かった。 2018年乙。

青識・小宮論争に寄せて

ここ数日ツイッターを騒がす『青識・小宮論争』なるものがある。そのきっかけはこれらしい。 「日本女性は海外に行くといろんな男とセックスしていてふしだらだ」という言葉に対する反論は「そんなの嘘だ」じゃなくて「セックスして何が 青識・小宮論争に寄せて