演繹的大勝利

※この記事は『ほろよい メロンサワー』を飲みながら書かれた。

というわけで鶏胸肉焼きそばのアレンジを試みた。問題点は焼きそばのソースの味と鶏胸肉が本来持つ酸味の相性が悪いことだった。ここで私は2つの食材に共通して組み合わされる調味料を加えて橋を渡すことを考えた。それはマヨネーズである。

マヨネーズを焼きそばにかけるのはごく一般的だ。マヨネーズを細く格子状にかけているのをよく見る。また、鶏胸肉の調理法としてマヨネーズ焼きはこれも一般的だ。というわけで鶏胸肉を焼く前にマヨネーズを塗った。

はたして、大成功であった。マヨネーズが焼きそばと相性が良いのは既知のことであったが、さらに酸味と塩味が融合したマヨネーズが鶏胸肉の酸味を覆い隠しつつ焼きそばの味になじませている。完全勝利である。

私は実験科学を専攻する身として、演繹的なものの考え方には懐疑的である。頭の中で考えたことがその通りに成功すると信じることは少ない。しかし今回ばかりは私のロジックは完全に正しかったようだ。私の舌がそれを証明した。

えーっと

今日は何があったかな…

そうだ。承認してないので表示されてませんが、結構スパムコメントが来ているので”http”は禁止ワードにしました。URLを投稿したいときはなんか工夫してください。

一昨日買い物をしたときに豚肉が売り切れていたので代わりに鶏胸肉を買った。それで焼きそばを作ってみたが、やはり不味かった。鶏胸肉には若干の酸味があり、焼きそばとの相性が悪い。あるいは焼きそばの味付けの方を鶏胸肉の方にアジャストすれば良いのかもしれない。若干の研究を要する事案だが、鶏胸肉のグラム価格は豚肉の半額以下なので良い調理法が確立できればリターンは大きい。

大学に行き、ゼミの教科書を読んだ。明日は自分の発表順が回ってくるかどうか微妙なところだ。今回の発表スライドはMarpでmarkdownを使って書いている。その理由は数式が多いからだ。Marpは標準でKaTeXに対応している。またmarkdownは純粋なテキストファイルなのでgit管理できるのも良い(githubの草を水増ししている)

僕はスライド作りが苦手だ。アニメーションは全然うまく使えないし、そもそも何をスライドに載せておくべきかよくわからない。人の心がわからないので自分が読んで既に理解したものを他人に説明するとき、他人はどんなスライドがあれば理解しやすいかぜんぜんわからない。俺は雰囲気でスライド作りをやっている。markdownは見出しやリスト化などできることが限られているので、逆に構造化されたスライドが作りやすい(気がする)。

自由からの逃走。