ScalaでOpenCVを使うときの予約語トラップ

ハマったので記録。

問題

OpenCVにはScalarというクラスがある。このクラスはvalという名のフィールドを持つがゲッターはない。値を得るためには直接アクセスする必要がある。valの型はArray[Double]であり、その先頭の値を得るために以下のようなコードを書いた。

するとエラーが出た。

解決

これはvalがScalaの予約語だからである(もちろんJavaでは違う)。

When one needs to access Java identifiers that are reserved words in Scala, use backquote-enclosed strings. For instance, the statement Thread.yield() is illegal, since yield is a reserved word in Scala. However, here’s a work-around: Thread.`yield`()

(筆者訳)
Scalaでは予約語となっているようなJavaの識別子にアクセスする必要があるときは、バッククォートで囲まれた文字列を使う。たとえばThread.yield()という文はScalaではyieldが予約語なので許されない。回避策はこうだ: Thread.`yield`()

ScalaはJavaのライブラリを流用できるのでこういう事故はよくあるのだろう。

トラップ

単に予約語を識別子として用いた場合シンタックスハイライトで色がつくので気づくはずだが、今回は先頭の値にアクセスするために(0)をつけており、シンタックスハイライトが効かず発覚が遅れた。

🙂

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です